低反発マットレスと高反発マットレス、どちらを選べばいいのか?

 

 

低反発マットレスには柔らかく、身体にフィットするので心地よく眠ることができるので、寝心地のよさで人気を集めました。

 

一方で、整体院や病院などで使われているのが高反発マットレスで、高反発マットレスの場合は、反発力があるので低反発のようなフィット感がないのですが、寝返りが打ちやすいので腰痛や首・肩コリなどに良いと言われています。

 

なので寝心地の良さを重視するなら低反発マットレスを選び、腰痛や肩こり・首こりなどで悩まされている場合は高反発マットレスを選ぶと良いのです。

 

寝心地を重視するなら低反発マットレス

 

低反発マットレスの良さはやはり柔らかくて身体にフィットしてくれるあの心地よさ。

 

自分の体形に合わせてマットレスが変形してくれるので自分の身体に合ったマットレスになってくれるのでしっかりとした寝心地を感じることが出来ます。

 

寝がえりを打つことも少なくなるので、深い眠りを妨げられることがないので快眠できる、などとクチコミで評判です。

 

腰痛や首・肩コリなどに悩まされている方は高反発マットレス

 

高反発マットレスは反発力があるため、柔らかさはあるものの、低反発のように自分の体形に合わせて変形はしません。

 

ですが、身体に負担に掛からないように反発力を働かせて自然な寝返りを打たせてくれるので、朝起きた時に腰が痛い、首や肩がこっている、身体のどこかが痛い、といった症状が緩和されます。

 

なので医療現場や、整体の医師が勧めてくれる寝具では、この高反発マットレスが選ばれています。

 

低反発マットレスの欄で紹介しましたが、クチコミでは「寝返りを打つことが少なく、深い眠りが妨げられなくて快眠できる」とありましたが、寝返りが打てないことは身体にとって大きな負担を掛けています。

 

寝がえりを打つことで身体に掛かる負担を分散しているのですから、寝返りが打てなければ身体のある部分に大きな負担が掛かり、体が歪んでしまうのです。

 

なので、寝心地のよさよりも、本当に質の良い睡眠を選ぶのであれば高反発マットレスを選ぶと良いのです。

 

低反発の様な柔らかさをもった高反発マットレス『モットン』がおススメ!

 

 

低反発マットレスの寝心地になれた方は高反発マットレスにすると違和感があってなかなか寝付けないといったこともあるそうです。

 

私が整体の先生から勧められた高反発マットレスの『モットン』は低反発の寝心地から離れられない方にもおすすめで、低反発のように柔らかで、お尻の部分だけ沈み込む性質があります。

 

他の高反発マットレスも使ってみたのですが、どれもまったく沈み込まず、お尻の出っ張りで腰に負担を感じましたが、このモットンは、お尻の部分だけ沈み込み、後の部分は沈み込まないので丁度良い寝心地になるのです。

 

 

なので身体全体が沈み込んでいないため、寝返りも打ちやすく、さらに反発力に優れている為、寝返りの負担も少なく済みます。

 

その結果、朝起きて腰が痛いなどの悩みがなくなりましたので、とってもおすすめです。

 

モットンは90日間のお試し期間があり、合わないな、と思ったら返却することも可能ですので、気になった方は一度試してみると良いですよ。

 

高反発マットレス『モットン』の公式サイトはこちら