マットレスのへたりが原因?マットレス交換のコツ

 

朝起きると腰が痛い」と感じる症状の原因のひとつに、マットレスがへたついてしまったことが考えられます。

 

多くの人はマットレスがヘタってきても、ある程度であればそのまま使い続けてしまうのですが、朝起きて腰が痛いと感じるのであれば、それは買い替え時期とも言えます。

 

もしも長年同じマットレスを使っていたり、購入時よりもマットレスが歪んでいたりくたびれていればこの機会に交換するとよいでしょう。

 

特に低反発マットレスの場合、へたりやすいので、こまめに交換する必要があります。

 

朝起きると腰が痛いとならないマットレスを選ぶなら高反発と体圧分散タイプ!

 

朝起きた時の腰の痛みって憂鬱ですし、日中デスクワークをするとなるとその痛みをずっと引きずる事になるので、出来れば症状が出ないようにしたいですよね?

 

せっかくマットレスを交換する時期に来ているのなら、次に買うマットレスは腰に負担の掛からないものを選びたいところ。

 

私も腰痛がひどかったので整体によく通っていたのですが、そこの医師に言われたのは「肩コリや首コリ・腰痛対策で寝具を買うなら高反発で体圧分散タイプのものがいい」と言われました。

 

高反発マットレスが何故、朝起きると腰が痛い人におすすめなのか?

 

高反発マットレスが朝起きると腰が痛い人におすすめな理由は、『寝返りの打ちやすさ』にあります。
寝返りは背骨を休めるために重要な役割をしていて、寝返りが打てないと身体の一部に負担が掛かってしまって朝起きた時に痛みを感じてしまうのです。

 

近年では低反発マットレスが流行りましたが、低反発マットレスは力がかかるとゆっくり沈み、身体を包み込みます。

 

そうなるとマットレスによって身体が自由に動きづらくなってしまい、寝返りを打つ時に大きなエネルギーを必要としないと打てないことになり、身体に大きな負担を掛けてしまうのです。

 

 

一方で高反発マットレスの場合、身体の圧力が加わると反発しようとする力が強く、身体を沈みこませないようにします。
この働きによって、柔らかな寝心地なのに身体が沈まずに寝返りが打ちやすいという理想的な睡眠環境が実現出来るのです。

 

体圧分散タイプとは一体?

 

もうひとつ、整体師の先生が言っていたのは、体圧分散タイプというからだの圧力を分散してくれるものが良いとのこと。

 

高反発マットレスであれば、大抵体圧分散タイプになるそうですが、例外もあるそうなのでそこは要チェック。

 

 

体圧分散になると身体の圧力を分散してくれて、一つの箇所に偏って負担が掛かることを避けてくれます。

 

そのおかげで理想的な寝姿勢を築くことができ、朝起きると身体が痛いということが少なくなります。

 

耐久性に優れているのは低反発マットレスより高反発マットレス

 

さらに高反発マットレスの嬉しいところは、耐久性に優れていると言うところ。

 

マットレスって安くても1万円近いので出来れば長く使い続けてコストパフォーマンスを良くしたいですよね。

 

低反発マットレスの場合は、排熱性が良くないので、同じ体勢で寝て居られるという事は、同じ場所に熱が篭ってしまい、夏場などは蒸れてしまいます。

 

また、気温によってマットの硬さに変化もあるので、気温が下がると睡眠環境が劣化してしまうこともあります。

 

通気性も悪いので、低反発マットレスはへたりやすい寝具なのです。

 

高反発マットレスの場合は、通気性が良いので、熱い夏に使っても湿気を感じることがなく、また復元力が強いので変形しにくいという長所があります。

 

ただ、通気性がよいため、冬は寒さを感じることもありますが、そこは敷きパットなどを使うといいですよ。

 

なので一見、低反発マットレスの方が値段は安く買えるのですが、将来のことも考えれば高反発マットレスの方が割安であると言えます。

 

高反発マットレスで特におすすめなのは『モットン』

 

これも整体の先生に紹介して貰ったのですが、肩コリや腰痛などの対策におすすめなのは高反発マットレス『モットン』です。

 

 

これは私が実際に使っているモットンなのですが、タオル地のシーツカバーが付いていて、一見低反発のように柔らかな寝心地なのですが、体が沈み込むことがありません。

 

特に仰向け寝になると、いつも腰が浮いた感じになって負担だったのですが、お尻が少しだけ沈み、身体の負担が均等になるので、寝ていて痛い部分がありません。

 

 

整体師が言うには、モットンは従来の高反発マットレスよりも反発力に優れていることから、寝返り時の身体の負担が少なくなるところが理想的なマットレスだと言っていました。

 

また、体圧分散タイプで、どんな姿勢になっても、理想的な寝姿勢をつくることが出来るという点も良いそうです。

 

確かに実際にモットンに寝てみると、体が無理ない姿勢をしているのか違和感がありません。

 

 

 

仰向けでも、横向きでもどんな姿勢にもなりやすく、寝心地が良いのです。

 

モットンにはこんな特徴があります!
  • 自然な寝返りをサポートする反発力
  • 体圧分散に優れ、腰への負担を最大限に軽減
  • 8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
  • 思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地

 

高反発マットレスは大体8万円近くして、高反発マットレスで有名なエアウィーブだと10万円以上したりするのですが、モットンは現在キャンペーン中で、59,800円から2万円引きの39,800円なのでl高反発にしては安いんですよね。

 

値段が安いからどうかな〜とも思ってたのですが、整体の先生の勧めるだけあって、腰痛や肩こり対策によいマットレスです。

 

モットンを購入前に9万円でエアウィーブの敷布団を購入していたのですが、正直モットンの方が私には合っていたので、勿体ない事をしました。

 

 

今はエアウィーブの敷き布団はモットンの下敷きになっています(収納場所がないのでモットンを上に重ねた)

 

さらにモットンは90日間のお試し期間があり、合わないな、と思ったら返却することも可能ですので、一度試してみてはどうでしょう?

 

高反発マットレス『モットン』の公式サイトはこちら