高反発マットレス『モットン』を実際に使っている私の口コミ・レビュー

 

朝起きると腰や背中が痛いので、寝返りの打ちやすい高反発マットレスの『モットン』を思いきって購入してみました。

 

今まではエアウィーブの敷き布団を使っていたのですが、ベッド生活に変わってから、厚さが足りないみたいでちょっとベッドの柵の痛みを感じてしまってました。

 

エアウィーブは8万円超えもしたので意地でも使っていきたかったのですが、モットンを整体の先生におススメされ、エアウィーブを買うよりもずっと安かったのと、モットンの枕バージョンである『めりーさんの高反発枕』を買ってみたら寝心地がよかったのもあって購入に至りました。

 

そんな『高反発マットレスモットン』を実際に使い始めて体調がどうなったか、寝心地は本当に良いのか、朝起きると腰が痛いなんてことはなくなるのか、を正直に話したいと思います。

 

高反発マットレス『モットン』は注文から2日で家に届いた!

 

 

というわけでモットンを注文したのですが、なんと注文からわずか2日で我が家に届きました。

 

ちなみに注文したのは深夜でしたので、朝に注文してたら翌日に届いてた、ということになりますから『欲しい』と思ったらすぐに使うことが出来ますね。

 

発送元は大阪で、私が東京住みなので、離島でなければ翌日に届くのかな?

 

 

ちなみにマットレスはこのように圧縮袋に入っていました。

 

段ボールから出す時、重たそうだな、と思ったのですが、片手でも持ち上げられるくらい軽い。

 

高反発マットレスは重量のある商品が多く、持ち運びが大変で、エアウィーブの高反発の敷き布団なんかも持ち上げるのに苦労したほど。

 

だけどモットンは重たくないので作業も楽にでき、これならシーツの買い替えも楽にできそうで手入れも簡単そうです。

 

 

圧縮袋に入っていたので、数分はこのように折ジワなどが目立ち、厚みもありませんが、約30分ほど経てばふっかふかのマットレスになり、折ジワも消えます。

 

高反発マットレスの気になる寝心地は?

 

 

高反発マットレスモットンはタオル地のようなふかふかのベッドカバーが付属でついていて、肌触りが気持ち良いです。

 

ただ、ちょっと朝起きた時に抜けた髪の毛が食いこんだりするので、起きたらすぐに髪の毛を詰まんでゴミ箱に捨てないといけません。

 

まあ、見えないで汚いよりは目立った方がキレイにしやすいので私は気になりませんけど。

 

 

モットンは写真のように手で押してみると、手が押し返されるんです。

 

高反発マットレスとだけあって「反発力があるんだな…」ということを実感しました。

 

 

モットンの上に寝転がってみると一瞬は低反発マットレスに寝転がったのかと思うほど身体が沈み込みます。

 

しかし高反発なので沈み込んだ身体が跳ね返されて深くまで沈みこんだりはしませんが、お尻は沈み込みました。

 

いつもお尻の出っ張りで腰が宙に浮き、なんだか腰に負担が掛かっている様な感じがしていたのですが、お尻だけが沈んでいるので腰の負担を感じずにいられたことに期待が高まりました。

 

柔らかいのに反発力のおかげで身体が沈み込まずに寝返りも打ちやすくて、絶妙な寝心地の良さです。

 

コイルマットレスのように身体が痛いと思うものも入っていませんし、今までのマットレスとはまったく違う寝心地で、少し浮遊感もあり不思議な感じがします。

 

 

仰向き寝もしやすかったのですが、寝返りも軽くて打ちやすかったですね。

 

横向きになるとこんな感じになります。

 

背骨が真っ直ぐになっていて、良い寝姿勢が出来てるんじゃないでしょうか。

 

高反発マットレス『モットン』はお尻だけが沈み込むから腰が痛くない!

 

まずモットンを使用した初日は、まだマットレスに慣れていなかったせいもあってか、違和感がありました。

 

やっぱり今までにない不思議な寝心地だったから慣れるまで時間がいるんじゃないかな、と思います。

 

ですが気持ちの良い肌触りだったのでぐっすり眠ることは出来ました。

 

朝起きると腰が痛い…」と思わなくなったのは慣れてきた3日後くらいのことです。

 

いつもならベッドから降りてから腰をさすっていたのですが、特に気にせず朝食を食べていて、後で「そういえば腰の痛み感じなかったな」と気付いたのです。

 

それでも私は日中デスクワークをしてますから、ストレッチをしないと腰の痛みは出てきてしまうのですが、以前よりは楽になって来た気がします。

 

朝起きると腰が痛い!と感じなくなった理由はやはり、お尻だけが沈み込み、腰に掛かる負担が軽減されたからじゃないか、と思っています。

 

他にもモットンは脊椎がまっすぐになるよう、体圧分散タイプのマットレスなので、横向きでも仰向きでも理想的な寝姿勢になるのもポイントなんだと思います。

 

慣れてくるとモットンの寝心地じゃないとダメになってしまって、最初の頃は(エアウィーブに戻そうかな…)とも思ってたのですが、今ではエアウィーブよりこっちじゃないとダメだと思うほど。

 

お尻が沈み、腰がマットレスと平行になって休まるのを感じる『高反発マットレスモットン』は、朝起きて腰が痛い、背中が痛いと思う人にはおススメのマットレスです。

 

高反発マットレス『モットン』の公式サイトはこちら