MENU

朝起きると腰が痛い方へ

 

睡眠=休息なので、朝起きた時は体の調子が良くなっていることが普通なはずなのに、何故か『朝起きると腰が痛い』そんな状態に悩まされている方が少なくありません。

 

腰痛は疲れがたまっている、長時間のデスクワーク、ストレスなど、様々な要因が考えられますが、朝起きると腰が痛い状態なのであれば睡眠中に問題が生じている可能性があります。

 

そこで考えられる原因がマットレスが体に合っていないということ。

 

あなたは寝返りが少なく、寝相も良いほうですか?また、低反発マットレスなどの体にフィットするものを使ってはいませんか?

 

「え…?それってマットレスが体に合ってるってことなんじゃないの?」

 

と思われがちですが、実は寝返りが少なく、寝相が良いのは朝起きた時の腰痛の原因になってしまうんです!

 

今じゃスーパーでもどこでも見かけるようになった低反発マットレスや低反発枕は、寝返りが少なくなって熟睡できる!なんて謳い文句をキャッチコピーにしていましたが、それは大きな間違えです。

 

低反発は体を沈ませて包み込むような設計をしていますから、体が寝返りを打ちたくても打てない状態になってしまっているのです。

 

つまり、自然な寝返りが打てない=不自然な睡眠になっているということ。

 

なので寝相はいいはずなのに朝起きると腰が痛いと感じている方の大半は、寝返りが打てていないことが原因となってしまっているのです。

 

寝返りをすることの重要性

 

朝起きると腰が痛いという状態から脱するには、まず睡眠を質の良いものにしなければなりません。

 

質の良い睡眠を得るためのポイントは背骨を休めるということです。

 

背骨を休ませることは動かさずにいることではなく、ある程度の動きも必要になってきます。

 

その動きこそが寝返りをすることなのです。

 

例えば、腰痛の原因として主に挙げられるものがデスクワークですが、何故デスクワークを長時間すると腰痛になるかと言うと、椅子に座りずっと同じ姿勢になってしまっているから腰に負担が掛かり、腰痛はもちろん、首や肩のコリなども引き起こしてしまうのです。

 

これと同じことが寝返りをうてない寝姿勢にも言うことが出来、寝返りを打たずに同じ姿勢のままでいると背骨に痛みを伴ってしまうのです。

 

寝返りのしやすいマットレスを使っていないと無駄な体力を使うことに

 

一時期低反発マットレスが物凄く注目を集めていましたが、多くの整体師は腰痛で悩んでいる方に低反発マットレスは勧めなかったそうです。

 

冒頭でも述べましたが、低反発マットレスは体にフィットして一見自分の体に合ったマットレスだと思われがちですが、マットレスの中に体を沈みこませているが為に、寝返りがうてない状況に追い込まれています。

 

また、低反発のマットレスに体を沈ませた状態で寝返りをうとうとすると普通の状態で寝返りをうつよりも余計な体力を使うことになってしまいます。

 

寝返りが打てなくなる上に、寝返りをうてたらうてたで睡眠中に体に無理をさせている結果になってしまうのです。

 

寝返りがうちやすいマットレスは反発力の高い高反発マットレス

 

逆に寝返りがうちやすいマットレスが低反発の逆に当たる高反発マットレスです。

 

高反発マットレスは低反発に慣れた方からすれば硬い印象を受けるそうですが、ほとんどが空気で出来ている泡の集合体ともいえる『ウレタン』を使用していることが大半なため、ある程度の柔らかさがあります。

 

低反発の後に高反発マットレスに変えると最初は違和感を覚える人も多いのですが、慣れてくると寝心地の良さを感じることが出来ます。

 

そして反発力があるマットレスなので、体が自由に動くことができ、自然なタイミングで寝返りを負担なくうつことが可能になります。

 

医療の現場でも高反発マットレスは活躍しています

 

看護師さんから聞いた話なのですが、寝姿勢でいることが多くなる病院などでは体に負担のかからない寝具を特に重視しているため、医療現場では高反発マットレスが使用されているそうです。

 

高反発マットレスは寝返りをしやすいだけでなく、体圧分散と言って一か所だけに負担が掛かることのないように作られているものが多いので、腰への負担を軽減することが出来ます。

 

確かに私が以前扁桃腺で入院した際、ベッドは低反発ではなく、硬めのマットレスを使用しているように感じました。

 

医療現場だけでなくホテルなどでも高反発マットレスを採用している所が増えてきましたね。

 

寝返りをうつことで得られるその他のメリット

 

寝返りを正常にうつことが出来ると腰痛以外にも以下のようなメリットを得ることが出来ます。

 

布団の中の温度や湿度を調整してくれる

 

寝返りをすることで布団にこもった熱を外に出し、さらに布団の外の低温の空気が入ってくるので温度変化による睡眠の妨げを防げます。
布団の中が熱で蒸れて寝苦しくなり目が覚めてしまう…なんてことになるようであれば寝返りがうてていないのかもしれませんね。

 

血液循環の滞りを防ぐ

 

同じ姿勢でいると血液の循環が滞り、酸素や栄養素が巡らず疲れを取ることが困難になってしまいますが、寝返りをうつことでそれを防ぎ、体の負担を和らげてくれます。
朝起きて疲れが残っているようであれば、寝返りが出来ていないと疑った方がいいでしょう。

 

睡眠のリズムを整える

 

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の2種類があります。
寝返りをすることでこの切り替えを行っていると考えられているので、睡眠のリズムが整えばホルモンバランスにも良い影響を与えてくれます。

 

寝返りはこんなにも重要な役目を負っていたのです。

 

健康を考慮するなら高反発マットレスにして寝返りのうちやすい睡眠環境を作ることをおススメします。

 

高反発マットレスは腰やお尻に負担が掛かりにくい体圧分散が出来るから仰向き寝がしやすい

 

一番腰に負担のかからない寝姿勢は仰向け寝です。

 

この姿勢が一番体をリラックスさせ、血の循環もよく、朝起きた時に腰が痛いと感じさせないでくれます。

 

しかし、日中のストレスにより起きた体の歪みのせいで、この仰向き寝が苦痛に感じる方が多く存在します。

 

私も仰向け寝が出来なく、いつも横向き寝か、たまにうつ伏せで寝ていました。

 

うつぶせ寝をする時は顔をそのまま枕に埋めると呼吸が出来なくなるため、多くの方は顔を左右のどちらかに曲げて眠ると思いますが、そうすることによって脊椎に歪みを生じさせてしまうのです。

 

なので、一番脊椎が真っ直ぐになる仰向き寝で寝れるようにしておきたいところ。

 

その仰向き寝がしやすいマットレスの仕組みとして、体圧分散という、お尻や頭などでっぱっていて負担が掛かりやすい部分の圧を均等にしてくれるものがあります。

 

高反発マットレスはこの体圧分散に優れたものが多く、負担になる部分だけマットレスに沈み込むよう構造されています。

 

こうすることによって、仰向き寝を苦痛に感じてしまう、お尻が大きく腰が反り返っている人や、内股型O脚の方も仰向き寝がしやすくなります。

おすすめの体圧分散型・高反発マットレス

 

管理人自ら購入したおススメの高反発マットレスをはじめ、整体師が腰痛に悩まされている方に勧めているという高反発マットレスを5つ紹介します。
※価格はシングルサイズの金額です。

 

雲のやすらぎマットレス

もともと敷布団でランキング第1位を獲得していた「雲のやすらぎ」のマットレスバージョンです。

 

厚さ27cmという極厚大ボリュームの正体はなんと13層構造となっており、ふんわり感が抜群の寝心地の良さです。

 

また、高級マットレスに使用されているものと同じ特殊高反発コイルを採用しているので、高い反発力と耐久力に優れているので、いつまでも寝返りのしやすいマットレスとなっております。

 

体圧分散に関しても、体の普段が掛かりやすい部位を徹底研究し、独自体圧分散3Dスプリング高反発構造を採用しています。

 

配達時はクロネコヤマトの設置サービスを付けているので、梱包から設置まで無料で行ってくれます。

 

値段は98,000円と高く感じられるかもしれませんが、マットレスの構造のこだわりや耐久性の良さを考慮するとコストパフォーマンスは良いので、質の良いマットレスを求めている方におススメです。

厚さ 防ダニ・抗菌・防臭 通気性
27cm アレルギー体質の方も安心のSEKマーク取得素材を使用 マットレスのサイドに4つの通気口を装備
生産国 価格 評価
日本製 98,000円 朝起きると腰が痛い,マットレス,寝具

公式サイト

モットン

欧米人よりも筋力が弱い日本人、さらに女性でも自然な寝返りが打ちやすいよう、従来の高反発マットレスよりも反発力にこだわって作られているマットレスです。

 

従来の高反発マットレスで寝返りを打った場合のエネルギー量を100とするとモットンは約80で済む反発力となっております。

 

さらに肩からお尻まで背骨が一直線になる歪みのない寝姿勢になるよう体圧分散にもこだわりがあります。

 

横向き寝になっても体の一部に負担が掛かってしまうこともなく、快適な睡眠を得ることが出来ます。

 

8万回の耐久試験も行っており、約11年使用しても3.9%へたる程度と計測されています。

 

厚みが8cmなので、敷布団のように畳や床に直接置いても使用することができ、またベッドの上にのせてベッドマットレスとも使うことが可能です。

 

真空パックの筒状の包装で送られてくるため、女性でも簡単に設置することが出来ます。

厚さ 防ダニ・抗菌・防臭 通気性
8cm ウレタンフォーム使用で防ダニ・専用カバーで抗菌・炭を混ぜて消臭 発砲する泡の大きさを調整し高い通気性を実現
生産国 価格 評価
中国製 39,800円 朝起きると腰が痛い,マットレス,寝具

口コミ・詳細レビュー

公式サイト

ドルメオ

高反発素材のエコセルが高いクッション性と復元力を実現した高反発マットレスです。

 

種類も様々で、収納に便利な3つ折りタイプなども展開しています。

 

画像の2層タイプは表面が柔らかく、裏面がかために出来ているので、自分の好みの寝心地を1つのマットレスで選ぶことが出来ます。

 

なので低反発マットレスから高反発マットレスに買い替える方は始めやわらかめを使い、慣れてきたら好みが変わり、かためが寝心地良く感じる…といった変化にも対応できます。

 

厳しい品質基準もクリアしているので安心して使えますが、口コミによると夏は若干蒸れるとのこと。

 

真空パックの筒状の包装で送られてくるため、女性でも簡単に設置することが出来ます。

厚さ 防ダニ・抗菌・防臭 通気性
15cm サニタイズ加工(抗菌・防臭・防ダニ加工) 立体的な多孔質構造
生産国 価格 評価
イタリア製 64,692円 朝起きると腰が痛い,マットレス,寝具

公式サイト

トゥルースリーパーセロ

もともとは低反発マットレスとして有名になった「トゥルースリーパー」ですが、高反発タイプのセロが出来ました。

 

厚さ5cmという薄さですが、網状素材のナノブリッドと硬わた素材のファイバークッションを重ねた2層の両面構造となっています。

 

そのため、夏は通気性の良いナノブリッド、冬はあたたかいファイバークッションを上にすることで季節の温度変化に対応しています。

 

さらにこのマットレスは水洗い可能なので、汗やほこりをきれいに洗い流すことが出来るのも清潔感が保てます。

 

しかし値段が安いからか、もともとの抗菌・防ダニ・防臭がついていないので手入れが面倒に感じますし、網状素材のナノブリッドがやや頼りなく、底付き感があるというデメリットもあります。

 

3月4日(金)9:59までWEB限定の3大特典キャンペーンを実施しています!

  1. 送料2,000円が無料
  2. 低反発枕ネックフィットピロー(5,980円)をプレゼント
  3. 眠れるCDをプレゼント
厚さ 防ダニ・抗菌・防臭 通気性
5cm 洗える素材 網状素材ナノブリッド
生産国 価格 評価
中国製 22,800円(+送料2,000円) 朝起きると腰が痛い,マットレス,寝具

公式サイト

マニフレックス

最近注目されている「マニフレックス」も高反発マットレスです。

 

ポリウレタンフォーム「エリオセル」がマットレスに最適な弾力性と復元性を発揮しているので、寝返りをしっかりサポートしてくれます。

 

ソフトな肌触りと弾力あるクッション性が心地よいジャガードキルトを使用しているので寝心地も良く、両面使用することが可能なので長く愛用することが出来ます。

 

さらに無料でシーツがついてくるのでお得です。

 

三折りマットレスやおふとんタイプなど種類も豊富なので自分のニーズにあったタイプを選ぶことが出来るのも魅力のひとつ。

 

しかし、厚さ16cmですが重さが12kgとかなり重いところのデメリットと、在庫がないこともあり1ヶ月待ちになることもあるそうなので事前に確認する必要があります。

厚さ 防ダニ・抗菌・防臭 通気性
16cm 防ダニ・防アレルギー加工済 両サイド計4か所の通気口を設けています
生産国 価格 評価
イタリア製 39,204円 朝起きると腰が痛い,マットレス,寝具

公式サイト

管理人は高反発マットレス『モットン』を整体師に勧められ実際に購入し愛用しています

 

 

色々な高反発マットレスを見て検討してきた私ですが、実際に購入し使っているのは「モットン」です。

 

モットンの枕バージョンである「めりーさんの高反発枕」を整体師に勧められ購入したのがきっかけでモットンを知ったのですが、めりーさんの高反発枕の使い心地も良かったので、高反発マットレスのモットンの購入に至りました。

 

 

 

このように、モットンは仰向き寝も、横向き寝もしやすく、キレイな寝姿勢が保てます。

 

もちろん、モットンと一緒に使っているめりーさんの高反発枕が首を支えてくれているというのも、綺麗な寝姿勢を保てている理由の一つですが。

 

そのおかげで現在の私は朝起きると腰が痛いと思う事がなくなり、なんだかんだ愛用し始めて1年以上が経過しましたが、未だにその効果を実感できています。

 

ただ、付属のベッドシーツが毛玉が起きやすかったので他のシーツを敷いて使うようにはなりましたが…。

 

 

高反発マットレス「モットン」で横向きに寝た時の背骨の様子なのですが、ある程度体を沈ませ、背骨を均等に持ち上げてくれます。

 

また、ボールが弾みやすい高反発マットレスなので、寝返りがしやすくなっています。

 

 

硬すぎたり、柔らかすぎたりすると、胸や腰に負担が掛かってしまったり、体が歪んだ状態になってしまうことがあるので、マットレス選びはとっても重要です。

 

 

この高反発マットレスのモットンは、日本人の体形に合わせて作られているので使用者の満足度も高いのです。

 

しかしモットンは店頭販売をしていないため、試すことが出来ません。やはり個人差もあるので、実際に試さないと本当に朝起きて腰が痛くならないのか、わかりませんよね?

 

モットンは店頭で試せない代わりに90日間のお試し期間が設けられています。

 

このお試し期間に満足できなければ全額返金してもらえるので、良いマットレスを探していた人はこの制度を利用して、モットンを試す方が多いようです。

 

値段も手ごろで、今あるマットレスを捨てずに重ねて使う事も出来るので一度試してみるのも良いと思いますよ。

 

高反発マットレス『モットン』の公式サイトはこちら

 

めりーさんの高反発枕